Home > 感動したドラマ > | 紹介 > NHKドラマ・フルスイング感動しました

NHKドラマ・フルスイング感動しました

NHKの土曜ドラマ「フルスイング」感動しました。

「フルスイング」は、多くの野球人、生徒たちに惜しまれつつ世を去った、
不世出の打撃コーチ・高畠導宏氏のたった1年間の教師時代を描いたドラマです。

初回の放送は偶然、何気なく見たのですが、感動で涙が止まりませんでした。

その後は、しっかりとビデオ(パナソニックのディーガ)に予約録画して
先週の最終回まで全6回の放送を欠かさず、ハイビジョンで堪能しました。

ドラマの出来が良かったので、
原作本「甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」も売り上げアップ
図書館でも、予約の申し込みが殺到しているそうです。

私は、特にドラマの中に登場する「高さんノート」からの言葉が気に入っています。

NHKドラマ・フルスイング 「高さんノートのことばたち」より


大きな耳 小さな口 優しい目

コーチの仕事は教えん事、それがワシの信念でした。無理やり教えても、選手の迷惑じゃ。選手が苦しんで、悩んで、高さん指導して下さい言うて来るまで待つ。大きな耳、小さな口、優しい目で待つんですわ...

才能とは、逃げださないこと

生徒に何を伝えればいいかわからんけど、私なりにひとりひとりに向き合っていきます。
何かあった時、そうだ高林がおったな、って思い出してくれればいいんじゃないかと。いつでも来やすいように、手を広げて待っててやろうと。...

大丈夫、それでいい

(野球部中村の手のひらを見て)いい手じゃ、よう練習しとる手じゃなぁ。これなら大丈夫。何も変えんでいい。今まで通りでええんじゃ。この手を信じてな...

相手の目をよく見て

キャッチボールの基本は、まず相手をよく見て、次にボールをよく見ることです。無理せんと、キャッチできる距離まで近付きましょう。ナイスキャッチ!!...

ソッ啄(ソッタク)

「ソツ」(口へんに卒)は卵が孵る時にヒナが殻の内側から鳴く声、「啄」は母鳥が外から殻をついばむことを表します。つまり、ソツ啄とは親と子、師匠と弟子のタイミングが合う事が、理想の指導っちゅう意味です...

氣力

ワシはな、諦めん気持ちこそ、氣力じゃといいたい。諦めちゃいかん。ワシも、皆んなもじゃ。九回裏、ツーアウト、ランナーなしでも、何点離されておっても、諦めん気持ち、それが氣力じゃ。氣力はな、人を思う事で強くなる。思われる事で、もっと強くなる...



関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Home > 感動したドラマ > | 紹介 > NHKドラマ・フルスイング感動しました

Return to page top