Home > 雑記 > 日本銀行で初体験!?

日本銀行で初体験!?

  • Posted by: wildduck
  • 2010年1月23日 15:02
  • 雑記

日本銀行へ行ったことがありますか?
私は、昨年末に損傷銀行券を引換のために初めて行きました!

東京の日本橋にある本店じゃなくて、広島市にある広島支店ですけどねbuilding
事前に駐車場があることも確認済みでしたが、駐車場に一台も止まってなかったので少しドキドキしながら駐車しましたrvcar

銀行といっても、日本銀行は貯金とかするところじゃないし、
「こいつ何しにきたんだ」って感じで警備員が睨んでる気がしたんですよ。

何も悪い事しにきた訳じゃないけれど、小心者だと思い知りましたcoldsweats01

実際には、立派な石の階段を上がって重い扉を開くと
先ほどの警備員が「ご用件は?」と優しく問いかけて来たので

「破損銀行券の引き替えです」と答えると
にこやかに「あちらの窓口です」と指し示された。

というのも、日本銀行は普通の銀行とは違って
銀行員は全員、ガラス張り壁の向こう側にいるのです。

他には誰もいません。しかし、銀行員は沢山いました。
何してるのでしょうか?

目的の破損銀行券の引換窓口には、女性が二人だけ。
何故だかエプロンをしていました。

持ち込んだのは、千円札が2枚。
「どうされましたか?」と聞かれたので「愛犬に・・・」と答えると
「なるほど」と納得した様子で、損傷銀行券の引換基準について説明を受けました。

私の持ち込んだ千円札は、2枚とも犬が食いちぎり破損状況は酷くグチャグチャでした。それをパズルのように組み合わせコピー用紙に貼り合わせて持ち込みました。単純に一部が無くなったとか、破れただけならば、通常の銀行でも引き替えできるのですが、

状態が酷い場合は、日本銀行に持ち込むのが良いと思います。
30分は待たされるかと思いましたが、数分で新しい紙幣と交換が完了しました。

しかし、新しい紙幣は一枚だけ。
上手く復元したつもりだったが、1枚は無効になったのかと思い残念な気持ちになりました。それにしても雰囲気が違う紙幣だな。日本銀行で引き替えられると違い柄になるのかなと訳の分からない事を考えたりしましたが、よく見ると二千円札でしたbleah

ホントに久しぶりに二千円札をみましたねsign02

日本銀行訪問を記念してロビーにあったパンフレットを少し持ち帰った。
その中に「日本銀行券 弐千円物語」というものがあった。

二千円札の普及を目指して作ったものだろう。お札に印刷されている首里城の守礼門と源氏物語絵巻の鈴虫に関する説明とともに、二千円札があれば、財布がスッキリして便利になるというようなことが書かれていた。

そのパンフレットに書かれていた内容で最も印象的だったのは、日本で普及しない2のつくお金だが、世界では生活に欠かせないものだということです。紙幣の枚数でみれば、アメリカでは20ドル札が全体の4分の1、イギリスでは20ポンド札が3分の1も占めているという話です。

慣れの問題なんでしょうが、
今回、手にするまで、私は二千円札の存在はスッカリ忘れてましたwink

関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Home > 雑記 > 日本銀行で初体験!?

Return to page top