Home > パソコン関連 > | 愛用ツール > Windows7の64bit版でRAMディスクを利用開始!

Windows7の64bit版でRAMディスクを利用開始!

パソコンのOSをwindows7にして約1ヶ月。快調だpc

Vistaまでは、32bit版を使ってきたが、CPUが64bitだし、そろそろOSも64bit版にしようと思いWindows7 Professional 64bit版を導入した。どうせ、アップグレードでのインストイールは出来ないのだし、少しでもコストを抑える目的のためOEM版をアマゾンで安価に手に入れた。

Windows7 HomePremium 64-bit 日本語版OEM 中古メモリセット

VIstaと比較すれば、起動時間は短縮されアプリケーションもキビキビと動いて快適であることは間違いないのだが、私が最も長時間利用するブラウザ関連のアプリケーションの動作は、たいした進化は感じられない。まぁ、OSレベルの問題じゃないからであることは間違いないのだが、他が快適期なると、どこまでも快適さを求めるのは仕方のないことだとも思う。

少しでも事態を好転させるためRAMディスクの導入という事になるthink

というのも、windows7導入前から、メモリは8GB搭載していたため、OS管理領域外をRAMディスクとして利用していたのだが、OSが64bitになり、8GBすべてが利用出来るようになったので、RAMディスクの利用は取り止めていた。しかし、我慢も限界。今日、フリーのアプリケーションではあるが、windows7の64bit版にも対応しているDataram RAMDiskというRAMディスク構築ソフトを導入してみた。

シャットダウン時に、RAMディスクの内容を書き出すオプションは無効にしているが、起動時に保存したRAMディスクを読み込むオプションは有効とした。書き出しを無効にしたのは、5分弱も書き出しに時間がかかるためであり、読み込みを有効にしたのは、ドライブレターを固定としたい為だ。

設定したRAMディスク容量は2GB。ブラウザ(Inte Explore,FireFox,Google Chrome)のキャッシュやシステムTEMPなどに活用する。メインブラウザは、FireFox。Google Chromeの軽快さには心穏やかではないが、拡張機能が利用出来るようになった今でも、やはりFireFoxに軍配が上がる。

RAMディスク導入の結果は、劇的な効果は体感できないが、成果はあったと思えるので成功と考えることにしたい。

Comments:0

Comment Form

Home > パソコン関連 > | 愛用ツール > Windows7の64bit版でRAMディスクを利用開始!

Return to page top